1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 重点テーマ2
  4. 「多様性」を活かす組織づくり

「多様性」を活かす組織づくり

両立支援制度

社員ニーズに基づいた育児・介護支援制度を順次導入し、社員の出産・育児・介護と仕事との両立をバックアップしています。(臨時社員は別途規定)

出産までのサポート

出産育児休職者を対象に、年1回開催。会社の現状や人事制度の理解を深め、すでに育児をしながら働いている先輩ママを交えての意見・情報交換会を実施。質疑応答を中心とした交流を通じて、参加者の不安軽減や気づきにつなげています。

  • 産前休暇:妊娠直後より取得可能
  • 妊娠期間中の短時間勤務
  • 妻の出産休暇:特別休暇2日(有給)
  • 不妊治療休職:最長2年まで

育児のサポート

  • 育児休職:子が3歳になるまで(子が1歳2カ月に達するまでに復職した場合は、7日間有給)
  • 育児のための短時間勤務:小学3年の期末まで
  • 時間帯限定フルタイム勤務制度:小学6年の期末まで
  • 子の看護休暇:小学校入学前の子1人につき年5日(半日単位で10回)、
    2人以上年10日(半日単位で20回)の特別休暇(有給)
  • 育児などによる赴任免除の勤務地限定勤務:エリア限定勤務

制度利用者の推移

  2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
女性の育児休職*1 305 324 296 248 263
男性の育児休職*2 56 78 62 63 54
妊娠・育児のための
短時間勤務制度*3
416
(うち男性1名)
473
(うち男性0名)
484
(うち男性0名)
498
(うち男性2名)
484
(うち男性3名)
  • *1 各期の平均人員
  • *2 各期中の期末時点での取得者数
  • *3 各期中の取得者数

介護のサポート

  • 介護休職:最長2年3カ月まで(分割取得可・家族1人1事由)
  • 介護のための短時間勤務:最長3年まで
  • 介護休暇:家族1人につき年5日(半日単位で10回)、2人以上年10日(半日単位で20回)の特別休暇
  • 介護等による赴任免除の勤務地限定勤務:エリア限定勤務

ジョブリターン制度

  • 介護、育児、配偶者転勤の事由により、やむを得ず退職した者が再就職を申請できる
  • 再就職の期限は退職日より5年以内

年次有給休暇の取得促進

グループ社員のワークライフバランスのために、年2回の連続休暇制度(各7~8日間)に加え、年2回の3連休(年次有給休暇)取得を推進する「ワークライフバランスデー」を導入しています。また、2013年3月期より、社員ニーズにあわせて半日単位で年次有給休暇を取得できる「半日有休制度」を新設するなど、年次有給休暇の取得を推進することで、社員の仕事と私生活の充実をはかります。

外部からの評価

女性活躍推進に優れた企業として「なでしこ銘柄」に選定

経済産業省が東京証券取引所と共同で、女性活躍推進に優れた上場企業を、「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じて、企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速していくことを狙いとして選定しています。当社グループは、中期経営計画の中で多様性推進を掲げ、「個人の中」「男女」「年代」の3つの多様性を軸として取り組みを実施していることや、2018年8月より証券事業に新規参入し、グループ初の女性社長が誕生したことなどが評価され、3年連続の受賞となりました。

「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定

経済産業省がダイバーシティ推進を経営成果に結びつけている企業の先進的な取り組みを広く紹介し、取り組む企業のすそ野を拡大することを目的に、経済産業大臣表彰を実施する制度です。2018年度の選定にあたっては、「多様な人材の活躍を実現するための働き方改革の推進」・「企業価値の向上を図るための経営層への多様な人材の登用」・「多様な人材が活躍するためのキャリアの多様性の推進」の3点によって、企業価値向上を果たしていることを重点テーマとして掲げています。当社グループは、スマートフォンの普及によりEC化が加速する中、個人の多様な個性を活かすため、グループ間の職種変更や公募制の経営参画の取り組みにより、社員自らが手を挙げてチャレンジする風土へ変革し、「リアル」×「EC」×「フィンテック」を融合させた新規サービスの創出を実現している点が評価され選定されました。

「SMBCなでしこ融資」において「女性活躍の先進企業」評価

「SMBCなでしこ融資」は、株式会社三井住友銀行がその企業の女性活躍推進の取り組み状況を独自の基準で見える化し、融資実行時に取り組み状況の分析や今後の課題、その課題への取り組み事例などをあわせて提供する融資メニューです。丸井グループは、女性活躍の重点指標「女性イキイキ指数」の設定や、管理職を対象としたワークショップの継続的実施、「時間帯限定フルタイム制度」などフレキシブルな勤務制度の導入が高く評価され、2017年5月に「女性活躍の先進企業」の評価を受けました。

「共働き子育てしやすい企業グランプリ2016」特別奨励賞

共働きで仕事と育児を両立するパパ・ママ向け情報サイト「日経DUAL」が、「少子高齢化問題」と「ワークライフバランスを保ちながら生産性高く働くための働き改革」という2つの視点で調査をおこない、ランキング・表彰するものです。丸井グループは、男性育休取得率向上に向けた取り組みや残業削減に向けた取り組み、経営戦略に「育児中社員の両立支援」「働き方改革」という視点が盛り込まれている点が高く評価され受賞に至りました。

子育てサポート企業として「プラチナくるみん」認定を取得

丸井グループは次世代育成支援対策推進法に基づき、社員が仕事と育児とを両立できる環境整備のための行動計画を定めており、その取り組みと育児関連制度などの実績が認められ、2012年、2014年、2016年に「くるみん」の認定、2016年7月は同時に「プラチナくるみん」の認定を受けました。

「プラチナくるみん」認定とは、「くるみん」認定を受けた企業の中で、仕事と育児の両立支援制度の導入や利用がすすみ、高い水準の取り組みをおこなう企業を評価しつつ、継続的な取り組みを促進するため、厚生労働省が2015年よりスタートしたものです。

当社グループでは、社員が仕事と育児を両立できる環境整備のための企業目標と行動計画を定め、さまざまな取り組みを継続的にすすめています。

「イクメン企業アワード2016」グランプリ

厚生労働省主催の「イクメン企業アワード」において、2014年の「特別奨励賞」受賞に続き、2016年10月には、男性の育休取得率が大幅に上昇したことなど、さらなるイクメン推進の取り組みが評価され、グランプリを受賞しました。

「イクボスアワード2015」グランプリを受賞

株式会社丸井 取締役で大宮マルイ店長の阿部和美(現マルイファミリー溝口店長)が、厚生労働省が主催する「イクボスアワード2015」においてグランプリを受賞しました。「部下の主体的な頑張りを引き出すマネジメントの実践」「育児休職復職者との面談など、部下の状況に配慮した対応」「自ら定時退社を実践し、残業しない風土づくり」「多様性推進のリーダーとして、男性育児休職取得を全社的に推進」などの取り組みが評価されました。

「東京労働局長優良賞2013」を受賞

2013年10月には、他の模範ともいうべき取り組みを推進している企業として、厚生労働省主催の「均等・両立推進企業表彰 ファミリー・フレンドリー企業部門 」において「東京労働局長優良賞」を受賞しました。

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP