1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 重点テーマ2
  4. 新たな成長に向けた「人材への投資」

新たな成長に向けた「人材への投資」

丸井グループでは、「人のお役に立ちたい」という想いを持つ社員が、企業価値創造の唯一最大の源泉であると確信し、多様な価値観の尊重はもちろん、一人ひとりがイキイキと成長し続けられる組織風土の醸成をめざし、積極的な人材育成と採用への投資を実施しています。

人材の育成・採用への投資額
を見える化

丸井グループでは、企業価値創造の唯一最大の源泉である人材について、積極的な人材育成と採用への投資を実施しています。

「職種変更」という仕組み

「個人の中の多様性」の実現に向けて、2013年4月から、グループ共通の人事制度のもとでグループ会社間や部門間の人事異動をおこなう「職種変更」を本格的に推進しています。一つの職種での経験が長くなると、当たり前に仕事をこなしていくことが多くなりがちです。「職種変更」の機会は、この当たり前や思い込みを捨てて、お客さまの視点に立ち、ニーズのヒントをつかむことにつながっています。

例えば、営業店の販売スタッフからフィンテックセグメントを担うエポスカードへの「職種変更」は、営業店で培った小売視点を活かしたサービスの提供など、グループの生産性向上を促しています。また、営業店の販売スタッフの中でも異なる売場に「職種変更」をするケースを増やしています。売場が変われば、接客するお客さまが変わり、新たに学ぶべきことがあるからです。

グループ会社間異動者数

  2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
異動者数 552名 404名 431名 343名 237名
異動者数累計 1,222名 1,626名 2,057名 2,400名 2,637名

各年4月と10月の異動時の合計。

キャリア形成を考える機会

2020年3月までの累計で2,600名以上の社員(グループ全社員の約56%)が、グループ会社間で異動しています。「職種変更」をすすめるにあたり、社員自身がキャリア形成について考える機会として、「お仕事フォーラム」を半年ごとに実施しています。グループ内のさまざまな職種を経験し、各社で活躍する社員が、仕事のやりがいや自身の体験談などを紹介します。また、「お仕事フォーラム」の一環として各社の「個別相談会」も実施。さらに、「お仕事BOOK」を全社員に配付するなど、自らの成長につなげるための新たな職種へのチャレンジを支援しています。

  • お仕事フォーラム
    グループ各社で活躍している社員が、仕事のやりがいや自身の体験談などを紹介します
  • 個別相談会
    ブースを設けた「個別相談会」では、グループ各社の社員から直接仕事の内容を聞いたり、相談することができます
  • お仕事BOOK
    グループ各社の各部署の事業内容や具体的な業務内容、実際に働く社員のコメントなどを掲載しています

職種変更後の満足度調査

人事部では、「職種変更」に関する実態を調査するため、2016年11月に約2,000人の社員を対象に満足度調査をおこないました。

自ら手を挙げる組織風土

丸井グループには「お客さまのお役に立つために進化し続ける」「人の成長=企業の成長」という経営理念のもと、「自ら手を挙げる」公募制で全社員が積極的に参加できるグループ横断の会議やプロジェクトがあります。2017年9月末時点で4,500名の社員(グループ全社員の約70%)が参加しており、対話を通じて経営理念の理解を深め、グループ経営にとって重要なテーマについて考えています。

「中期経営推進会議」の取り組み

「中期経営推進会議」は、丸井グループの今後の経営にとって重要となる、さまざまなテーマについて考えていく場と位置づけています。以前は、経営方針などの説明を中心におこなっていましたが、現在は3~5年の時間軸ですすめていく中期視点のテーマを設定しています。また、2016年1月からは、参加対象者をグループ幹部のみから自ら手を挙げ参加意思を示したグループ社員へと拡大し、ほぼ毎月開催。毎回1,000名前後が応募し、選抜されたメンバーで積極的な対話をおこなっています。さらに、外部講師を招いての特別講演も定期的に開催しています。

講演の後には毎回積極的な質疑応答がおこなわれます

2020年会議のテーマ
  • 2月持続可能社会に寄与するビジネスとは/特別講演
  • 3月ウェルネス推進プロジェクト活動内容/社内発表による共有
  • 6月アフターコロナのこれからの生活について ~未来を構想し、しあわせな人生を実現するために~/特別講演・対話(ライブ配信)
  • 7月職種変更・出向者経験者によるパネルディスカッション/特別企画
2019年会議のテーマ
  • 2月しあわせ×AI/特別講演
    Digital Convergence 世界で起こっている7つのパラダイムシフト/特別講演
  • 3月保険を通じたファイナンシャル・インクルージョンについて/特別講演
  • 6月D2Cブランドの背景と、デジタル社会におけるリアル店舗のあり方と小売のサービス化/特別講演
  • 7月「顔の見える電力」で日本初の「社員参加型 RE100」を実現しよう!
    ~世界初の電力×ブロックチェーンが生む、「コンセントの向こうの身近なSDGs」/特別講演
  • 10月金融アクセスを通じて機械の平等を実現する/特別講演
  • 11月超長期研究会 活動報告(スモールミーティング)/社内発表による共有
  • 12月職種変更・出向経験者によるパネルディスカッション/特別企画
2018年会議のテーマ
  • 1月サステナブルな社会の実現に向けた企業戦略/特別講演
  • 2月長期ビジネストレンド調査報告/社内発表による共有
    Hello! Miraijin~未来の価値観って・・・?~
  • 5月シンギュラリティとエクスポネンシャル思考
    ~激動の時代に生き残る企業と人の条件/特別講演
  • 6月小売セグメント中期経営計画
    フィンテックセグメント中期経営計画
    2018年3月期決算についてのスモールミーティング
  • 7月長期外部環境と丸井グループへの影響/特別講演
  • 8月長期ビジネストレンド調査報告/社内発表による共有
  • 9月つみたてでかなえるお客さまのしあわせ/特別講演
  • 10月超長期研究会 活動報告/社内発表による共有
  • 11月After Digitalな世界の到来~デジタル化の本質とは~/特別講演
  • 12月 サステナビリティ×ビジネス~ソーシャルビジネスしかやらない会社~/特別講演
2017年会議のテーマ
  • 1月中国・アメリカ・日本の比較から見る流通業界動向/特別講演
  • 4月丸井グループを取り巻く社会環境とこれからの未来について
  • 5月Fashion Business 創造する未来/特別講演
    ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件/特別講演
  • 6月小売セグメント中期経営計画
    フィンテックセグメント中期経営計画
  • 7月お金の安心と可能性をかたちに変える/特別講演
    ニューヨーク視察 情報共有/社内発表による共有
  • 8月長期の環境変化と新たな成長に向けた取り組みについて
    2017年3月期決算についてのスモールミーティング
  • 9月丸井グループのESG~未来志向の「本業=社会へのお役立ち」の取り組みに向けて~/特別講演
  • 10月デジタル産業革命~あらゆる産業が「再定義」される時代~/特別講演
  • 11月世界の経営学からみるイノベーション創出への視座/特別講演
2016年会議のテーマ
  • 1月マーケットから見た企業価値について/特別講演
    カード革新プロジェクト報告
  • 2月すべてのお客さまのために~LGBTについて~/特別講演
  • 3月マーケットから見た企業価値について2/特別講演
  • 4月丸井グループを取り巻く環境分析と今後の予測
  • 6月小売セグメント中期経営計画
    フィンテックセグメント中期経営計画
    アニメ事業活動報告
  • 7月博多マルイ共創の取り組みについて
    投資家との対話報告(IR活動報告)
  • 9月ラクチンきれいシューズ 体験ストア活動報告
    新生アールユー「パンツの取り組み」について
  • 10月フィンテックがめざす世界と丸井グループの事業/特別講演
  • 12月ビジネス誌記者から見た小売業界と丸井グループ/特別講演

双方向コミュニケーションを実現するアプリを導入

2017年4月より「中期経営推進会議」に、アンケートをリアルタイムで収集・公開できるアプリ「PingPong」をテスト導入しました。当日参加した305名の社員が、アプリをダウンロードした自身のスマホから回答を入力し、リアルタイムでその回答が前方画面に表示され、「丸井グループを取り巻く社会環境とこれからの未来について」をテーマに、活発な対話がおこなわれました。

参加社員の声をリアルタイムで収集し公開します

人の成長会議

「人の成長」や「チームの成長」について専務執行役員や外部講師などの多様なメンバーと共に深く考え、チームでの対話を通じたリーダー育成のプログラムを実践する会議。経営理念の実現に向け「成長の場」をつくり、一人ひとりの成長を支援することをめざして2010年にスタートし、参加者は学んだ対話力や問題解決能力を、チームの成長に向けて所属する部署で活かしています。

多様なキャリアや職種のメンバーが、お互いの意見を受け入れ新たな考えを生み出します

お客さまニーズ会議

経営トップと社員が、世の中とお客さまニーズが今後どのように変化するのか、約半年間チームで考える会議。2017年3月までの6年間で、のべ411名の社員が参加しています。

お客さまニーズについて立ち止まって深く考え、チームで学びます

公認プロジェクト

丸井グループでは2015年3月期から中期経営計画に多様性推進を掲げ、「個人の中」「男女」「年代」の3つの多様性を進めています。その推進の一翼を担っているのが、グループ全社員が自ら手を挙げることで参加可能な公募制のプロジェクトです。

このうち「グループ横断プロジェクト」は、所属部署や年齢・役職を問わず、小論文で選抜されたメンバーが参加し、対話を通じてグループ経営にとって重要なテーマを考えています。中長期視点で会社や社会全体にかかわる3つのテーマを設定しており、プロジェクトで学んだ知識やアイデアを各職場に持ち帰り、ビジネスや働き方にどう活かせるかなどアクションプランを考え、実行します。プロジェクトのメンバーは1年ごとに入れ替わるため、知見を蓄え意識改革を行った主体的なメンバーが毎年創出されています。

2018年下半期に、「健康経営推進プロジェクト」は、「ウェルネス」(健康)を切り口に健康のオフェンス活動を推進するという考えのもと「ウェルネス経営推進プロジェクト」に、「マルイミライプロジェクト」「多様性推進プロジェクト」は、お客さま、社員の枠を超えて、すべてのステークホルダーの多様性を受容することを目的に「ダイバーシティ&インクルージョンプロジェクト」に統合いたしました。

社員の意識改革と多様性を「体験・体感」できる場

2017年から、社員とその家族に向けた「インクルージョンフェス」を開催しています。グループ横断のプロジェクト活動への共感の輪を広げるため、各プロジェクトのテーマに沿ったブースや展示などを楽しみながら体験するイベントで、毎年1,700人近くが参加しています。2018年からは、この共感の輪をステークホルダーの皆さまにも広げるため、どなたでもご参加いただけるイベントとして開催し、投資家の方やお取引先さまにもご参加いただいています。

新宿マルイ、有楽町マルイ、マルイシティ横浜などの店舗で開催したインクルージョンフェスには多くのお客さまにもご参加いただき、「インクルージョン」への大きな共感を呼びました。

  • ヨガウェアなどのブランド「lululemon」のご協力のもと、屋上の空気を感じながらヨガ体験
  • ヘモグロビン・体重・BMI・体脂肪といった数値を診断し、数十秒で結果をフィードバック
  • 「ドクターエア」のご協力のもと、マシンを使ったリラクゼーションや筋肉トレーニングの方法を紹介

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP