1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 4つの重点テーマ

4つの重点テーマ

2016年11月特定
2019年9月現在

丸井グループは、すべての人が取り残されることなく「しあわせ」を感じられる、インクルーシブで豊かな社会をめざし、2016年11月に「インクルージョン(包摂)」視点で4つの重点テーマを定めました。インクルージョンには、これまで見過ごされてきたものを包含する・取り込むという意味があり、国連のSDGsの理念と同じ方向性を示すものです。丸井グループは、すべてのステークホルダーとの共創により、この目標達成に向けて積極的に取り組んでいきます。

重点テーマの設定プロセス

丸井グループがめざす共創経営と、共創経営が社会・環境など自然資本に与える影響に焦点を当て、その課題と機会について検討し、「インクルージョン」の視点で重点的に取り組むべきテーマを4つに定めました。設定にあたっては、ESG投資家やサステナビリティの有識者、NPOなど社会のステークホルダーをはじめ、お客さま、お取引先さま、グループ役員・社員へのヒアリングを行い、かつESG評価機関の格付け、GRI、ISO26000、SASB、IIRCなど内外のガイドライン、SDGsなどを参考にしています。

STEP 1 ステークホルダーとの対話

丸井グループに対する期待と優先的に取り組むべき課題について、長期投資家やESG投資家、サステナビリティ有識者、NPOなど社会のステークホルダーをはじめ、お客さま、お取引先さま、グループ役員・社員への対面でのヒアリング調査を実施。

STEP 2 社会課題の把握・整理

丸井グループがめざす共創経営と、共創経営が経済・社会・環境に与える影響、中期経営計画や人材戦略との関連性に焦点を当て、かつESG評価機関、GRI、ISO26000、SASB、IIRCなど内外のガイドラインやSDGsなどを参考に社会課題を把握・整理。

STEP 3 経営レベルでの議論と決定

代表執行役員がリーダーを務める会議で、関係役員・関係部署が議論を重ね、「インクルージョン」の視点で重点テーマを4つに決定。主管部署をサステナビリティ部・ESG推進部に定め、「共創サステナビリティレポート 2016」およびサステナビリティサイトにて公開。

STEP 4 活動の検証と定量化

重点テーマ特定後も、ステークホルダーとの対話を継続的に実施し、年1回以上活動を検証。また、2019年には長期ビジョン「丸井グループ ビジョン2050」と長期目標を策定し、その実現を目的に、取締役会の諮問機関として代表取締役を委員長とするサステナビリティ委員会を新設。いただいたご指摘を踏まえ、長期目標の財務・プレ財務における重要指標(KPI)のさらなる開示に向けて検討中。

重点取り組みのマトリックス

図を拡大

インクルージョンの拡がり

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP