1. トップ
  2. 投資家情報
  3. マネジメントメッセージ
  4. 株式会社エポスカード 代表取締役社長

株式会社エポスカード 代表取締役社長

2020年9月

家計シェア最大化とオープンイノベーションで、さらなる成長をめざす
斎藤 義則 株式会社エポスカード 代表取締役社長

エポスカードでは、家賃や水道光熱費、投資などを含めて、お客さまの家計全体にアプローチする家計シェア最大化戦略をすすめています。中でも、家賃保証の取扱高はコロナ禍においても前期比30%増のペースで伸長を続けています。家賃保証をご利用のお客さまは定期的な支払いを通じてメインカード化するためゴールドカード比率も高く、LTV向上にもつながります。生活基盤に根ざしたご利用を強化することで、環境変化に左右されない、安定した収益構造を実現していきます。

あわせて、共創投資先とのオープンイノベーションにも積極的に取り組んでまいります。例えば、みんな電力さまとの協業では、エポスカード会員さまの利用意向が高かった「再エネ電力への申し込み」が、カードデータとの連携により簡単にできるようになりました。この取り組みは、ただ単に社会貢献をするだけではなく、エポスカードで決済していただくものなので、その輪が広がれば収益面でのリターンも大いにあります。「社会課題の解決とビジネスを両立させる」という視点で、常にお客さまにとって利便性の高い新サービスを考えていきます。

今後も、これらの取り組みを推進していくことで事業の継続的な成長を実現し、丸井グループの企業価値向上に貢献していきます。

関連リンク

PAGETOP