1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 4つの重点テーマ

4つの重点テーマ

丸井グループが今、すべてのお客さまに豊かなライフスタイルを提供していくために重視しているのが「インクルージョン(包摂)」という視点です。インクルージョンには、これまで見過ごされてきたものを包含する・取り込むという意味があります。

丸井グループは、すべてのお客さまに豊かなライフスタイルを提供する企業グループをめざし、「インクルージョン」の視点で4つの重点テーマを定めました。

重点テーマの設定プロセス

丸井グループがめざす共創経営と、共創経営が社会・環境など自然資本に与える影響に焦点を当て、その課題と機会について検討し、「インクルージョン」の視点で重点的に取組むべきテーマを4つに定めました。設定にあたっては、ESG投資家やサステナビリティの有識者、NPOなど社会のステークホルダーをはじめ、お客さま、お取引先さま、グループ役員・従業員へのヒアリングをおこない、かつ、ESG評価機関の格付け、GRI、ISO26000、SASB、IIRCなど内外のガイドライン、SDGsなどを参考にしています。

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP