1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 重点テーマ2
  4. 誰もがチャンスを得られる場の整備

誰もがチャンスを得られる場
の整備

障がい者雇用の促進

マルイキットセンター

丸井グループの特例子会社である株式会社マルイキットセンターは、1992年に障がい者の新たな雇用を創出するため設立され、以来20年以上にわたって障がい者の雇用促進と職域の開発をおこなっています。

現在はグループで使用する用度品(包装紙、事務用品)の「管理・出荷業務」や商品(洋服・雑貨類)の「検品業務」、グループ各社の事務作業や印刷・発送をおこなう「事務サービス業務」、さらにはグループ社員の名刺や社員証の作成もおこなうなど、職域を拡げています。また、運営テーマを「障がい者の雇用の促進・定着」から「仕事を通じた成長」に拡大し、障がいの特性や個人の能力に応じた仕事やステージを準備することで、やりがいを持ち末永く自立して働ける環境を整えています。

こうした取組みが認められ、2008年に「聴覚障害者のための職場改善好事例集(平成20年度)」最優秀賞(厚生労働大臣賞)を受賞、2012年には「障害者のキャリアアップや加齢に伴う問題への対応に関する職場改善好事例集(平成24年度)」優秀賞を受賞しました。この賞は、障がい者の加齢への取組みに対して贈られ、仕事の中に盛り込まれた加齢現象を遅らせるための工夫や、発現時の具体的な準備などが評価されました。

Dialogue 03
互いを理解し認め合い 一人ひとりがイキイキと働く

用度品ピックアップ業務

受賞の様子

天皇皇后両陛下マルイキットセンターを行幸啓

2010年12月7日(火)、「障害者週間」にちなみ、天皇皇后両陛下が株式会社マルイキットセンターをご視察されました。両陛下は、知的障がいのある社員が運営している用度品デリバリー業務・事務サービス業務や、聴覚障がい者を中心に運営している商品検品業務の様子をご覧になり、一人ひとりにお声がけされ、激励してくださいました。

  • 施設内を視察される両陛下
  • 社員一人ひとりに声をおかけになる両陛下のご様子

「第9回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合」におけるマルイキットセンター視察

2011年10月、厚生労働省が開催した「第9回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合」に出席されたASEAN諸国の行政官の皆さまが株式会社マルイキットセンターを視察しました。この会合は「福祉および保健分野における人材育成 – サービス提供者の能力向上と社会的弱者の就業能力育成に焦点をあてて – 」をテーマとしており、障がい者雇用の取組みが評価されている同社が視察対象となりました。

障がい者職域開発の専門部署

丸井グループ本社人事部「サポートパートナー課」では、障がいのあるスタッフがパソコン入力業務や、書類のファイリングなど、グループ各社の事務サポートをおこなっており、グループ各社の業務の生産性向上にもつながっています。業務内容を拡大することで、さらに障がい者雇用を促進し、共に成長する企業風土づくりをすすめています。

障がい者雇用率(2017年5月1日現在)

  民間企業目標(法定) 丸井グループ
雇用率 2.00% 2.39%
  • 高いパソコンスキルなどを活かし、業務のサポートをおこなっています
  • 業務内容が認められ、グループ会社の株式会社エポスカードより感謝状が授与されました

LGBTへの理解促進

任意団体「work with Pride」により、企業等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを実現するために日本で初めて策定された「PRIDE指標」。「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の中で、丸井グループは2016年10月に「シルバー」を受賞しました。今後、継続的に取組みをすすめていきます。

再雇用支援制度

60歳で定年退職を迎えた社員が希望した場合、原則として満65歳まで就業できる再雇用制度を導入し、長年の経験で培った専門性を持つ社員を、貴重な人材として大切にしています。小売経験者ならではのお客さま視点と接客対応力を活かした新たな職域開発も推進しています。2013年10月には、公的年金の受給開始年齢引き上げに対応して、従来の短時間勤務制度に加え、フルタイム勤務制度を導入。社員のニーズにあわせた働き方を選択することが可能になりました。(2017年3月期は対象者の9割が希望し継続就業)

就業体験の場「インターンシップ」

丸井グループでは、大学生・大学院生のインターンシップ実習を受け入れ、夏季・秋季の年に3回、本社実習と店舗実習からなる3~10日間の「インターンシップ」を実施しています。

本社実習では商品開発や店づくり、カードの知識など幅広い実務を体験していただきます。その中でも、商品開発の実習では、商品開発をお客さまと共にすすめる目的やプロセスを共有したうえで、グループワークを通じてお客さまニーズを捉えるプログラムを実施します。店舗実習では、社員と共に自主運営売場に立ち、接客や売場づくりを通じてお客さまニーズを学びます。その後、お客さま視点で店舗を調査し、各店の店長へ店舗の課題点や改善点の提案をおこないます。これらのプログラムを通じて、社会人として仕事に取組む姿勢や目的を体感していただきます。

丸井グループのインターンシップ

未来を担う若者を支援「青井奨学会」

丸井グループ創業者 青井忠治は、わが国の次代を担う人材、社会に有為な人材の養成に寄与することを目的に「青井奨学会」を設立。以来40年以上にわたり、大学生、高校生への奨学金給付事業および学生や卒業生との交流支援事業を実施しています。

2016年新大学奨学生

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP