1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 重点テーマ2
  4. 誰もがチャンスを得られる場の整備

誰もがチャンスを得られる場
の整備

人と企業の持続的な成長に向けた人事・評価制度

これまでの評価制度の目的や、新たに取り入れるバリュー評価・パフォーマンス評価の考え方について、それぞれの立場や会社・職種を超えた意見交換を従業員全員で活発におこない、従業員と人事部が一体となって今後の運用案を検討しています。

女性の活躍推進

丸井グループは、従業員5,732名の約45%に当たる2,584名(2017年3月期)が女性従業員であり、女性の活躍を推進するため、「意識改革」と「制度づくり」の両輪で取組みをすすめています。2014年3月期には、女性活躍の重点指標として「女性イキイキ指数」を設定し、2021年3月期までの目標数値を掲げ、取組みを可視化。3年で、男性従業員育休取得率は80ポイント、育児フルタイム復帰率も約45ポイント向上し、短期間で意識も行動も変化してきました。

女性イキイキ指数

  2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2021年
3月期(目標)
意識改革・
風土づくり
女性活躍浸透度 37% 60% 74% 96% 100%
女性の上位職志向*1 41% 64% 62% 64% 80%
男性従業員育休取得率 14% 54% 66% 94% 100%
女性の
活躍推進
育児フルタイム復帰率*2 36% 55% 66% 81% 90%
女性リーダー数 545名 576名 603名 611名 900名
女性管理職数 24名 28名 29名 32名 55名
女性管理職比率 7% 8% 9% 10% 17%
  • *1 女性の上位職志向は従業員アンケートの結果によるものです。
  • *2 育児フルタイム復帰率とは、ある一定の年に育休から短時間勤務で復帰した従業員数を分母とし、フルタイムに戻った女性従業員の割合の数値指標です。

女性活躍推進に関する行動計画

丸井グループは女性活躍推進法に基づき、女性が就業を継続し、管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を定めています。

女性活躍推進法に基づく「事業主行動計画」

上記は、女性活躍推進法に基づき届出をしている株式会社丸井グループ、株式会社丸井、株式会社エポスカード、株式会社ムービングのほか、全グループ各社共通の行動計画として策定しています。

次世代育成支援

丸井グループは次世代育成支援対策推進法に基づき、従業員が仕事と育児を両立できる環境整備のための行動計画を定めています。

企業目標

1. 男性の育児参加を促進するための環境整備を継続しておこなう

  • 男性の育休取得推進に向け、未取得者へのヒヤリング、所属長への案内など、さらなる取得拡大策を実施し、2018年3月期の男性の育休取得率80%をめざす
  • ダイバーシティブックの配付などにより両立サポート制度の周知をはかるとともに、社内報やイントラネットで事例を紹介することで、制度を利用しやすい環境をつくる(2015年より継続実施)
  • 有休取得率向上に向け、有休の計画取得拡大策等を検討・実施する(~2018年3月)
  • 所定外労働時間の削減に向けた取組みを継続実施する

ダイバーシティブックPDF

仕事と家庭の両立支援制度を社内周知し、制度を利用しやすい職場環境をつくることを目的として発行し、従業員に配付しています。

2. 仕事と育児の両立を促進するための環境整備を継続しておこなう

    • 2017年3月末までに、仕事と育児を両立して活躍する女性従業員を増やすための環境整備をおこなう
    • 若手女性従業員を対象としたキャリアフォーラムを開催し、仕事と育児を両立して活躍するキャリアイメージの形成をはかる
    • 育休中の能力向上施策を実施する

輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会

2014年3月28日に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが拡がっています。このような中、女性の活躍推進に積極的に取組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が開催されました。

2014年6月27日には、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が「行動宣言」を策定・公表。「行動宣言」の策定メンバーとして当社グループ 代表取締役社長 代表執行役員の青井浩が本会に参加しています。

輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会
「行動宣言」ホームページ(内閣府男女共同参画局)

輝く女性の活躍を加速する
男性リーダーの会「行動宣言」PDF

仕事と育児の両立支援の取組み

丸井グループでは出産・育児をしながら働く従業員を支援する制度が整っているため、入社後のライフイベントを安心して迎え、仕事のキャリアを積むことができます。育児をしながら短時間勤務で働く女性の「育児フルタイム復帰率」を指標の一つに掲げ、短時間勤務中も月4回までフルタイム勤務ができる制度や、営業時間が遅い店舗でも勤務時間を限定して働ける「時間帯限定フルタイム勤務制度」を導入しています。子育てしながら活躍できる職場づくりを、グループ一体となって整えています。

「育児ママのコミュニケーション広場」 開催日には臨時の託児所を開設

育児ママのコミュニケーション広場
(会社・マルイグループユニオン共催)

出産育児休職者を対象に、年1回開催。会社の現状や人事制度の理解を深め、すでに育児をしながら働いている先輩ママを交えての意見・情報交換会を実施。質疑応答を中心とした交流を通じて、参加者の不安軽減や気づきにつなげています。

働くママのコミュニケーション広場
(マルイグループユニオン主催)

育児をしながら働く女性を対象に、よりイキイキと働くための「ヒントが学べる場」、また「今後を考えるきっかけづくりの場」として年2回開催。テーマディスカッション・外部講師によるセミナーなどに加え、参加者同士の意見・情報交換をおこない、新たな気づきや働きがい向上につなげています。

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP