1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 丸井グループが考えるサステナビリティ

丸井グループが考える
サステナビリティ

丸井グループは、
インクルージョンを通じ
すべてのステークホルダーの
「しあわせ」の調和をめざします

丸井グループは、お客さまの「しあわせ」をすべてのステークホルダーと共に創る「共創経営」をすすめています。時代と共に変化するお客さまニーズや社会の課題に対して、どう未来を切り開いていくのか。その鍵として私たちが注目したのが、「インクルージョン(包摂)」という考え方です。インクルージョンには、これまで見過ごされてきたものを包含する・取り込むという意味があります。

サステナビリティの考え方には「あらゆる人を排除することなく、すべての人が質の高い生活や健康、繁栄を享受する」という目標があります。国際社会はこの目標を実現するため、2015年9月、国連総会で「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択し、その中で17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)を策定し、日本を含む世界193カ国が合意しています。

SDGsの目標には「誰も置き去りにしない」というインクルージョンの理念が込められています。この考え方は、すべてのステークホルダーの利益、「しあわせ」の調和をめざす丸井グループの経営と同じ方向性を示すものです。丸井グループは、すべてのステークホルダーとの共創により、この目標達成に対して本業を通じて積極的に貢献し、誰も置き去りにされることなく、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会をめざします。

共創サステナビリティ経営のビジネスモデルPDF

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

グループ人権方針

丸井グループは、すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会をめざしています。私たちはこの考え方のもと、人権に関する国際規範を常に支持し、すべての人の人格と個性を全社的に尊重することを宣言します。

  • 1. 人権尊重の約束

    私たちはすべての事業活動において、お客さま、お取引先さま、社員などすべてのステークホルダーとの関係における、人種・国籍・宗教・思想・性別・年齢・身体的特徴・性自認・性的指向などによる差別を排除し、個人の人格と個性を尊重します。

  • 2. 国際規範の順守

    私たちは「国際人権章典」「労働における基本的原則及び権利に関する国際労働機関(ILO)宣言」で定められている結社の自由、団体交渉権、強制労働・児童労働の禁止、職業における差別の排除など、人権に関する国際規範を常に支持・尊重します。

  • 3. 人権尊重の責任の遂行

    私たちは「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき、人権デューデリジェンスなどの手法を用いて、すべての事業活動において人権に与える直接・間接的影響を評価し、負の影響が明らかになった場合は適切な救済につとめます。

  • 4. 人権尊重の企業風土の醸成

    私たちは「グループ人権方針」を企業風土に根付かせ、すべての事業活動に組み込むために、グループの全役員および全社員の教育や啓発活動を積極的に実施します。また、この「グループ人権方針」は、お取引先さまをはじめとするすべての外部関係者の方にご賛同いただくとともに、一般にも公開していきます。

2017年11月9日
株式会社丸井グループ
代表取締役社長 代表執行役員
青井 浩

このサステナビリティサイトは、色覚障がい者の方々に配慮しています。

PAGETOP