SCROLL

インクルージョンが未来を切り拓く

丸井グループは1931年の創業以来、時代やお客さまの変化にあわせて、
「小売・金融一体化の独自のビジネスモデル」を
一貫して進化させ続けてきました。

現在は、年間2億人の顧客接点を持つリアル店舗を運営する「小売事業」と、
約645万人のエポスカード会員を有する「フィンテック事業」が一体となり、
グループ総取扱高は約1兆9千億円に達しています。

そして今、私たちは「インクルージョン(包摂)」という視点に注目し、
年齢や身体的特徴、性別などを超えて、すべての人に喜んでいただける
商品・サービス・店舗のあり方を追求しています。
少子高齢化やインターネット化など、時代や社会が急速に変化する中、
このインクルージョン視点によるビジネスの革新こそが、
新たな需要を創造し、
社会的課題の解決と収益の両立を実現していくと考えているからです。

丸井グループは本業を通じて、
すべての人が取り残されることなく「しあわせ」を感じられる
インクルーシブで豊かな社会の実現をめざし、
未来を切り拓いていきます。

REPORT

レポート

共創経営レポート2017

共創サステナビリティレポート2017

Special Contents

スペシャルコンテンツ

Career

キャリア

Case

事例紹介

共創の取組み

博多マルイ / ラクチンきれいシューズ / エポスカード

Recruit

採用情報

WORKLIFE BALANCE

ワークライフバランス

CAREER IMAGE

キャリアイメージ

RECRUITMENT

募集要項

COMPANY PROFILE

会社概要

EVENT

イベント情報

OTHER MEDIA

メディア情報

AWARDS

受賞一覧