マルイグループ 新卒採用サイト MARUI GROUP RECRUIT INFORMATION

Career Step

2010年
渋谷マルイ
・ビサルノ
2013年10月
丸井本社
・専門店事業本部
 メンズアパレル課
2014年10月
丸井本社
・Web事業本部
(オムニチャネル事業本部)
2016年10月
(株)丸井グループ
・アニメ事業部
 営業担当

Schedule

9:40
出社
9:50
デスク周りなどを清掃。キレイな気持ちで1日をスタート
10:00
データ分析。前日の売上や週間の売上をチェック
12:30
チームのみんなでランチ。先輩から流行のアニメのレクチャー
13:30
通販の登録、資料づくりなど
15:00
次のイベントの企画に向け、社内でミーティング
17:00
お取引先に出向き商談
19:00
出先から、同期との飲み会に直行
23:00
帰宅
吉田博樹の写真

念願のバイヤーに。半年かけて交渉し、新規ショップをウェブチャネルに導入

学生時代から洋服が好きで、バイヤーになりたいと思ってアパレル企業や百貨店を中心に就職活動をしていました。マルイを選んだのは、自分の好きなテイストのブランドを扱っていなかったことでした。「だからこそマルイでバイヤーになって、より多くのお客さまに喜んで頂けるブランドを開拓していきたい。」と思ったのです。

最初の配属先は渋谷マルイ。ビサルノ(紳士服のショップ)で3年半、ビジネススーツやシャツの販売を担当しました。その後、昇進のタイミングで異動願いを出し、念願のバイヤーに。専門店事業本部メンズアパレル課で、WEB通販の中のスポーツブランドを担当しました。配属当時、私は今までのマルイウェブチャネルにはないテイストのブランドを導入したいと考えました。そこで学生時代によく通ったセレクトショップのバイヤーの方にお願いして、私が導入したいブランドの社長を紹介して頂きました。初めてのブランド導入交渉だったので、先輩たちから契約条件の決め方や商談で詰めるべき内容などについていろいろアドバイスを頂き、交渉しました。約半年間の交渉の結果、商談がまとまり、新規ショップとして導入する事が実現。実際にウェブに商品が並んだときは、本当に嬉しかったです。
自分の想いを実現する事ができたという大きな達成感がありました。

吉田博樹の写真

新しいことにチャレンジしたい!アニメ事業部に異動

スポーツブランドのバイヤーという仕事もすごく楽しかったのですが、新しい仕事にチャレンジしたいと思い、2016年10月にアニメ事業部に異動しました。アニメ事業部は2015年10月にスタートしたばかりの新しい事業部です。なぜ、マルイでアニメ事業部が立ち上がったかというと、背景として多くの消費者、特に若い方の興味や関心が、ファッションからアニメやコンテンツへ移っているということがあります。実際、アニメなどのコンテンツ市場は年間12兆円の安定市場で、対象顧客も拡大傾向にあります。また、もともとマルイとアニメは新和性が高く。2010年以降、新宿アネックスや渋谷マルイなどでは、アニメイベントを開催したりしていましたし、エポスカードでもカプコンさまやコーエーさまとのコラボレーションカードも人気を集めていました。エポスカードの会員に調査を行ったところ、約6割の人がアニメ好きだと回答。さらにアニメ関連の消費金額も多いということがわかったのです。これらのことから、アニメという分野で独自のビジネスモデルを構築し、次代のマルイの柱となる事業に育ていくべく当事業部が新設されました。アニメ事業部での主な仕事は、アニメイベントの企画・開催およびオリジナル商品(グッズ)の企画・開発・販売です。私の担当は、マルイウェブチャネルでオリジナル商品を拡大していくこと。前職の経験が生かせ、アニメという新しい分野でチャレンジできることは本当にやりがいがあります。

吉田博樹の写真

アニメ事業は人を幸せにする取組み。だからやりがいも大きい

アニメ事業部での仕事は、マルイの地方創生という役割も担っており、イベントを地方都市で開催することが多いのが特徴です。例えば2016年10月27日から30日までは大分県で「おそ松さん」のイベント「マル松さん」を開催しました。私もアニメ事業部のことを理解するために同イベントのサポートメンバーとして同行していましたが、そこに訪れた1人のおそ松さんファンの方が、「大分でイベントを開いてくれるなんて、マルイさん、神です」とおっしゃってくれたのです。「アニメ事業は人を幸せにする取組みなんだ」と改めて実感。やりがいの大きい仕事だと思います。

私はアニメに詳しいわけではありません。実は当事業部が立ち上がった当初は、アニメが好きな社員を中心に構成されていましたが、現在は、アニメにそこまで詳しくはないスタッフも活躍しています。アニメ好きではない私たちの視点が入ることで、新たな発想、視点を提供することが期待されているのだと思います。その期待にいち早く応えられるよう、休日にはアニメを観たり、マンガを読んだりして勉強しています。このアニメ事業部でお客さまに喜んで頂くことはもちろんですが、さらなる将来は店舗の店長になりたいですね。お客さまのお役に立つお店づくりをしたいと思います。