マルイグループ 新卒採用サイト MARUI GROUP RECRUIT INFORMATION

Career Step

2014年
有楽町マルイ
・レディスシューズ
2016年4月
(株)丸井
・オムニチャネル事業本部
 シューズ事業課

Schedule

10:20
納品、売場の整理、引き継ぎ
事項や本日の目標を確認する
ミーティング
11:40
社員食堂でランチ
12:40
接客。チームメンバーと業務
内容に関するミーティング
15:30
マルイミライプロジェクトの
店分科会
17:00
休憩(30分)
17:30
接客
20:00
教育係として担当している新社員とミーティング
20:30
退社。夕食は自宅で手作り
ショルツ羽奈の写真

「みんなが喜ぶ空間をつくりたい」それがマルイを志望した動機

みんなが喜ぶ空間をつくる、そんな仕事に携わりたい──。その想いが生まれたのは、趣味であるダンスでステージに立った経験からです。ステージに立つ瞬間がなぜこれほどまでに好きなのか、自分自身に問いかけてみたんです。その答えは「自分たちがつくり上げたステージでお客さまが喜んでくださっている、そしてそのお客さまの喜びが何よりも自分自身の喜びなんだ」ということにたどり着きました。「みんなが喜ぶ空間づくり」、マルイグループならその夢を実現できると感じ入社を決めました。

現在の配属先は有楽町マルイの2階にあるレディスシューズ売場。その中でプライベートブランド(PB)商品を担当しています。この売場はマルイ全店の中でも、1、2を争う来店客数と売上高を誇ります。毎日、多くのお客さまにお越しいただきますが、どんなに忙しくても、丁寧な接客を心がけています。また在庫ストック管理チームの一員として、PB商品全体の在庫管理を行うことはもちろん、お客さまをお待たせしない、使いやすいストックを作るため日々、検証や改善を行っています。やりがいを感じる瞬間は、気に入った一足に出会ってお客さまが喜んでいる姿を見られることです。「また来ますね」と言われた時は、本当に嬉しい。「この仕事についてよかったな」と思える瞬間です。

ショルツ羽奈の写真

入社2年目ながらグループ横断のプロジェクトに参加

2015年度より、全社員の中から選抜され「マルイミライプロジェクト」というグループ横断プロジェクトに参加しています。プロジェクトメンバーは年代もバラバラで、私のような若手からベテランの社員までいます。月1~2回の割合で本社に集まり、「どうすればマルイグループが社会のお役に立てるのか、そのためにできる具体的なアクションにはどんなものがあるのか」を議論し、プランを検討しています。このプロジェクトに参加したことで、仕事を通して「すべてのお客さまのお役に立つ」とはどういうことなのか、深く考えるようになりました。言葉にすると単純ですが、「すべての人」という定義ひとつとっても、考えの狭さに気がつきます。マルイグループの社員はついついマルイ店舗に来てくださる人だけを想定しがちですが、本来はマルイ店舗に来たことのないお客さま、マルイグループを知らないお客さまも含まれるのです。そんな「ミライのお客さま」に対して、マルイグループとしてできること、まだやっていない「ミライ」の新しい事業を考えていくのです。日頃、まったく異なる担当で仕事をしているメンバーが集まるプロジェクトだからこそ、今までにない発想が生まれることは、とても楽しく刺激的です。さらに先日、プロジェクトの代表として社長に中間報告をさせてもらう機会をいただきました。2年目でこのような経験をできる会社はあまりないと思います。

ショルツ羽奈の写真

自分の夢を実現するために、成長したい

「みんなが喜ぶ空間をつくりたい」という想いは変わりませんが、入社して改めてグループの事業範囲の広さに気づき、そこでの成長の可能性を感じています。だからこそ、とにかく今はいろんな仕事を経験したいと思っています。今、私が担当しているのはPB商品ですが、担当の仕事以外にもさまざまなことを把握しておくことが大事だと思います。同じシューズ売場にある商品はもちろん、お店全体、マルイグループ全体、そして世の中を広く見る視点を忘れないようにしています。

そしていつかは、入社時からの夢である新しい商業施設を自らの手でつくり上げてみたいです。自分がつくった空間で喜んでくれるお客さまがいる。そんな夢に早くたどり着くためにも、直近の目標は昇進試験を受け、業務の幅を拡げることです。30代にはマネジメントできるポストに就けるよう、スキルアップに努めていきたいと思っています。