1. トップ
  2. 投資家情報
  3. 株式・社債情報
  4. 株主還元

株主還元

2018年6月25日現在

配当性向は55%程度を目処として段階的に高め、
長期・継続的な増配をめざします。

丸井グループはこれまでの4年間、自己株式の取得を積極的に行い、また連結配当性向を30%から40%に引き上げ、高成長と高還元の両立を図ってきました。今後は、株主還元を自己株式の取得から徐々に配当へシフトしていくことで、長期・継続的な増配をめざしていきます。

株主還元額と各指標の実績

2015年3月期以降、4年間で850億円の自己株式の取得を行ってきました。また、2017年3月期より連結配当性向を40%以上へ引き上げ、連結総還元性向も4期連続で100%以上と、高い水準で株主還元を実施してきました。

今後の方向性

2019年3月期からは、株主還元を自己株式の取得から徐々に配当へとシフトしていきます。連結総還元性向は、自己資本比率が今後も30%を維持できる水準である70%程度を目安とし、連結配当性向は55%程度を目処として段階的に高めていくことで、長期・継続的な増配をめざしていきます。

1株当たり配当金

2018年3月期の1株当たり配当金は5円増配、過去最高となる38円としました。2019年3月期は新たな株主還元の方向性を踏まえ、配当金については、利益成長の見通しに基づき7期連続増配となる1株当たり47円を予定。自己株式の取得については、70億円の取得を進めています。また、2018年5月には、取得した自己株式1,000万株の消却を完了しています。

1株当たり配当金 18.0円 33.0円 38.0円 47.0円
中間配当金 9.0円 16.0円 18.0円 23.0円
期末配当金 9.0円 17.0円 20.0円 24.0円
連結配当性向 32.0% 41.1% 40.8% 42.8% 55%程度
連結総還元性向 32.0% 147.5% 112.3% 71.9% 70%を目安
自己株式の取得 200億円 150億円 70億円
関連リンク

PAGETOP