1. トップ
  2. 投資家情報
  3. 社外取締役メッセージ
  4. 室井 雅博

社外取締役メッセージ

2017年8月

正しいリスクテイクが
持続的な成長戦略の実現を
後押しする
室井 雅博 社外取締役

2017年6月に社外取締役に就任しました。IT 業界で常に先端技術やデジタル・イノベーションを追求してきた経験が、グループの成長戦略を検討する上で、お役に立てばと思っています。

私は(株)野村総合研究所で20年以上にわたり、大規模な情報システム開発、米国シリコンバレーにおける最先端技術のリサーチ・業務提携、ITを活用した新事業・サービスの開発、ITベンチャー企業とのコラボレーションによるソリューション開発などを経験してきました。その後、本社機構の役員として13年間、経営企画・人事・広報・IR・リスク管理・CSR等を幅広く実践しました。特にIRでは8年間、日本・欧州・米州・アジアの機関投資家と数多く直接対話することができ、その実体験が自社のコーポレートガバナンス改革を遂行する上で、大変役立ちました。

丸井グループの強みは、激変する経営環境の中で常に自己革新にチャレンジし続けていることだと思います。消費者の皆さまが求めるものは刻々と変化し、世界の潮流としても、デジタル革命が急激に進展している中で、オムニチャネル、フィンテック、デジタル・コンテンツなどが重要な役割を果たすように、大胆に事業革新をすすめています。またガバナンス改革においても、指名・報酬委員会の設置、役員報酬の改革、次世代経営者育成プログラムの導入など、着々と施策を実行している先進企業であると思います。

自己革新にはリスクが伴うものです。特に、ビジネスモデルの転換や、最先端ITの導入などでは、予測が難しい新たなリスクに直面することもあります。独立社外取締役の一人として、戦略の正当性や新たに抱え込むリスクの大きさ等を厳しく評価するとともに、正しいリスクテイクによる持続的な成長戦略の実現を後押しするような、客観的でバランスの取れた行動と発言を心がけたいと考えています。

略歴(2017年6月26日現在)
  • 1978年4月野村コンピュータシステム株式会社(現 株式会社野村総合研究所) 入社
  • 2000年6月同社取締役
  • 2002年4月同社取締役 常務執行役員
  • 2009年4月同社代表取締役 専務執行役員
  • 2013年4月同社代表取締役 副社長
  • 2016年6月菱電商事株式会社 社外取締役(現任)
  • 2017年6月当社社外取締役(現任)
関連リンク

PAGETOP