1. トップ
  2. 投資家情報
  3. 社外取締役メッセージ
  4. 2015年
  5. 岡島 悦子

社外取締役メッセージ

2015年8月

人材の多様性を尊重し、
組織の活力を促す施策の数々は、
丸井グループの将来価値向上に
つながるはずです。
岡島 悦子 社外取締役

社外取締役としての私の役割は、丸井グループの持続的な成長を促し、中・長期的な企業価値の向上を図るための助言をおこなうことだと思っています。私はこれまで、経営アドバイザーとして多くの企業変革を支援する仕事に従事してきましたので、そうした知見を活かして、着実な成長を遂げることができるよう、経営をサポートしたいと考えています。また、経営人材開発や組織開発も私の専門領域なので、経営面から人の成長を促すための環境整備に注力しています。

丸井グループの強みは、経営の革新性と多様性を活かした組織にあると感じます。ここ数年、小売・店舗事業を中心にビジネスモデルの革新に取組んでいますが、「人の成長=企業の成長」を経営理念に掲げるとおり、失敗や変化を恐れない企業文化があります。また組織面でも人材の多様性を尊重し、職種変更の推進など組織の活力を促すための施策の数々は、丸井グループの将来価値を確実に向上させるはずです。私はこうした考えに共感し、良いところをさらに進化させていきたいと思っています。

そして取締役会もまた、重要案件の承認・決裁をするだけではなく、経営の課題や方向性等について自由闊達で建設的な意見交換をする場でなければなりません。私は、社外取締役という立場を活かし、取締役会での議論がより活性化するよう努め、さらなる企業価値向上に貢献していきたいと考えています。

略歴(2015年6月25日現在)
  • 1989年4月三菱商事株式会社 入社
  • 2001年1月マッキンゼー・アンド・カンパニー 入社
  • 2005年7月株式会社グロービス・マネジメント・バンク 代表取締役社長
  • 2007年6月株式会社プロノバ 代表取締役社長(現任)
  • 2014年6月アステラス製薬株式会社 社外取締役(現任)
  •  当社社外取締役(現任)
アーカイブ

PAGETOP