1. トップ
  2. 投資家情報
  3. 業績と事業の概要
  4. 小売事業

小売事業

2016年3月31日現在

オムニチャネル

自主専門店

共創PB商品の取扱いを中心とした自主専門店は、商業施設の同質化が小売業の課題といわれるなか、「マルイ」店舗独自の特徴となっています。これからは強みのあるカテゴリーへの選択と集中、売場面積の適正化によって収益性を改善していきます。

お客さま参画型のモノづくり「共創PB」

お客さまとの共創のモノづくりの原点は、2010年に販売を開始した「ラクチンきれいパンプス」です。履き心地に不満のあるお客さまと「モノづくり会議」を年間60回、そして約1,000名のお客さまにサンプルを履いていただき、履き心地やデザインの確認と修正を実直にくり返していきました。さらに、以前の7サイズ展開から19.5cm~27.0cm(一部商品20.5cm~26.0cm)に拡大し、履きたくてもサイズがなくてあきらめていたお客さまにお応えした結果、累計販売足数320万足以上(2016年10月末現在、サンダル・ブーツ含む)のヒット商品となりました。

レディスシューズ共創PBの売上高

Web

拡大するECにおいては、通販サイト「マルイウェブチャネル」を運営しています。マルイ店頭在庫と通販サイトの在庫の同期化やエポスカード会員サイト「EPOS NET」との会員ID共通化など、グループの資産である店舗×カード×Webが一体となったビジネスを展開しています。今後は、Web通販とリアル店舗を融合させた「体験ストア」を拡大していくことにより、お客さまに新しい価値を提供していきます。

グループ各社の事業内容については、こちらをご覧ください。

関連リンク

PAGETOP